お風呂修理の業者選び

お風呂修理で業者を選ぶポイントは?

お風呂修理の具体的なケースとその料金相場

お風呂修理の具体的なケースとその料金相場 浴槽や蛇口、換気扇などの設備があるため、お風呂修理の費用相場は幅が広いです。
まず排水管のつまりは5千円から5万円くらいまでです。
つまりの原因によって処置が異なり、料金に差が出ます。
蛇口やシャワーヘッド付近からの水漏れは3千円から3万円くらいとなります。
ただし高価な部品の交換が必要なケースは、もっとかかることもあります。
浴槽の修理や再塗装は10万円から20万円が必要です。
浴槽自体を交換することになると50万円から100万円がかかります。
浴槽は高級な素材を使ったものになるともっと高額にあります。
お風呂修理の中でももっとも高額になるおそれがあります。
床や壁の修理は3万円から30万円ほどになります。
もともと使っている素材がタイルなのかパネルなのかにより差が出ますし、施工は範囲によっても違ってきます。
小さなタイルの剥がれだと、わずかなスペースの施工だけで完了します。
換気扇は小さな故障であれば5千円以内に収まりますが、交換すると5万円位になります。
壊れたままだとお風呂場内にカビが増えるため、早めの対策が欠かせません。

お風呂修理を依頼する際は得意分野と見積書を確認すること

お風呂修理を依頼する際は得意分野と見積書を確認すること 水回り設備とは、使用頻度が高いことでトラブルが発生しやすい箇所です。
どこのご家庭でも一度は水漏れや配管詰まりというものを経験なさったことがあるでしょう。
その際は、専門会社を頼るのが賢明といえる判断です。
そこでここでは、初めてお風呂修理をなさる方に向けた、会社の選択方法をご紹介しましょう。
注目したいことは、得意分野と見積書をしっかりと把握するということです。
お風呂修理は会社によって費用が異なるため、必ず一か所ではなく複数個所に見積もりを出してもらうこととなります。
その際、その業者がどんな修理を得意にしているのかもリサーチをすることです。
もし、不得意な所に頼んでしまったら高品質な仕上がりには期待できないこともあるからです。
少し相場よりも高いけど、しっかりとした実績を有しているところなら、利用する価値があるといえます。
ネットでは口コミを目にすることもできるので、それを参考にするのもひとつの手です。